2016年12月06日

心理査定・アセスメントのための本ってどれを買えばいいの?(質問紙の解釈)

72952354e105664434f084fc45f6a555_s.jpg

質問紙の解釈おすすめ本



わかりやすいMMPI活用ハンドブック
4101円

☆内容
MMPIをずっと実施する方は持っていた方が良いでしょう。これは1冊あればMMPIの解釈は十分です。
スパイク、2点コード、3点コードの解釈が詳しく載っています。
カモメのプロフィール、受動攻撃のプロフィールなどの解釈も載っています。



新版TEG2 解説とエゴグラム・パターン
2376円

☆内容
TEG2のマニュアル本と言えるでしょう。内容はコンパクトにまとまっている感じです。
そのため、あまり実施する機会のない臨床心理士さんであれば、これ1冊で良いでしょう。
ただし、がっつりTEG2を実施していくならば別書も必要になるかもしれません。













あわせて読みたいブログパーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。